そろばん・あんざんとは

そろばん(漢字で書くと算盤)とは計算を手助けしてくれる道具の一つです。 串に刺さっている珠(たま)を移動させて、その位置で数を表現し、計算の手助けをしてくれます。 そろばんには普通のそろばんのほかにも百玉そろばんや大きいそろばん(教師用)もあります。 お子様の年齢に応じて使うそろばんは変わります。 小学生以上のお子様には普通のそろばんをお勧めします。

あんざんとは、計算機やそろばんを使わずに、頭の中で計算することです。 あんざんができるお子様の頭の中には見えないそろばんがあって頭の中でそれを弾いて計算を行います。 あんざんを学習すれば4桁同士の足し算や2桁同士の掛け算程度であれば10秒程度で計算できるようになります。

※当塾は計算力を鍛えることを目標としているため、そろばんがあるレベルに達した後は、あんざん→フラッシュあんざんへと進みます。 そろばんを極めたいお子様はお近くの検定そろばん教室をお勧めします。

小学校低学年向けそろばん
フラッシュあんざん

当塾でのそろばん・あんざんの効果

当塾では将来、算数・数学でつまずかないように保育・幼稚園児から小学3年生までは計算力を徹底的に鍛えます。4年生以降は、小学算数の難問や適性検査型問題を用いて分析力・発想力を鍛えます。

保育園児・幼稚園児はそろばんで簡単な足し算・引き算からゆっくり勉強をはじめて、2桁の足し算・引き算を出来るようにします。九九の暗記まで丁寧にサポートします。小学1~3年生はそろばんで3桁の複雑な足し算・引き算、二桁同士の掛け算を出来るようにします。フラッシュあんざんで素早く正確な計算力も身に付きます。正確な計算力を身につけた4年生からは小学校算数・中学受験算数の指導を行います。計算力に加えて、分析力・発想力を身につけます。

小学2年生

生徒①:通塾3ヶ月100マス計算100秒台から60秒台へ
生徒②:通塾2ヶ月二桁の計算問題あんざんで計算できるようになりました
生徒③:通塾半年九九を全て覚え二桁の掛け算が出来るようになりました

幼稚園児(年長)

生徒④:通塾1ヶ月二桁の計算をそろばんで出来るようになりました。現在、九九を覚えています(追記:1ヶ月で九九を言えるようになりました)

担当講師

太田 塾長

小学3年生から6年生までそろばんとあんざんを学んでいました。そろばん・あんざんともに有段者です。

中学生や高校生の受験指導をしていると計算ミスで苦しむ生徒を多く見ます。私自身は小学生のころ、そろばんを習っていて計算で間違えることがほとんどありませんでした。その経験を生かして、今回そろばんを指導することにしました。小学生のうちに将来数学で必要とされる計算力・分析力・発想力を身につける事が当塾の最大の目的です。そろばんを極めることが目的ではないため、連盟には加盟しておりません。少人数で丁寧に指導いたしますのでご興味がある方は体験授業をご受講ください。

塾内の様子

アクセス

各線「東中野」駅東口より歩いてスグ。教室は1000円カットの2階です。

お勧めのソロバン

そろばん選びはとても大切です。見た目は同じそろばんでも玉の動きや指で触れたときの感覚は全く違います。お勧めのそろばんをいくつか挙げます。可能であればお店で実際に触って購入しましょう。

使いやすさで選ぶ方

安さで選ぶ方

料金プラン

毎週15時30分~17時30分の間でお好きな時間にレッスンを受けることが出来ます。

月4回月8回
幼稚園・保育園4,000円 8,000円
小学生4,000円 8,000円

入会金・その他

教材費500円程度
入会金10,000円

注意事項

・月の授業が5回の場合、1コマ分の授業料が加算されます
・料金は全て税抜き表示です

お問い合わせ